GOODS


CD



KOUDELKA 「pessimist」
2018年10月5日全国リリース 品番:KDLK-0002 価格:2,000円(税抜)

 

2014年に結成したオルタナティブロックを中心としたバンド、KOUDELKAの1st ALBUM。

『悲観・憎悪』をテーマとした重々しい歌詞の世界観とアレンジが印象的で

心の奥底の重い蓋を開けてしまうかのような楽曲が並んでいる。

もしかしたら、あなたの心のトラウマを過敏に刺激する音楽がここにあるのかもしれない。

 

ジャケット写真は左が全国流通版。右が会場・公式グッズ購入限定。

 


[収録曲]

1. Behind the Quiet

2. pessimism

3. Fixed game

4. RORO

5. Sludge

6. Nymphet of Paraphilic Heterotroph

7. Happy ignorance & abuse

8. 憧憬

9. Adore

10. Torture

11. Acrobatic Sex Party

 

アルバム「pessimist」レビュー

 

山梨で結成され、活動をしているオルタナティブロックバンド、KOUDELKA(クーデルカ)が、10月5日にアルバム「pessimist」を全国リリースする。 

楽曲を制作するのは、主にボーカルの小林レオナが歌詞を書き、メンバーが作曲などを行っている。ビジュアルやグッズなどにも小林のプロデュース力が光り、小林の世界観が濃厚に出ているバントと言えるのである。 
彼の妖艶でミステリアスなルックスの中に、どことなく儚さや弱さのようなものを感じてしまうのだが、そんな彼の心の中を吐き出すかのような歌詞が印象的だ。 

彼の中にある悲観や憎悪というものは、自分が生きている事や人を愛する想い、夢を描くという行動が、人を結果的に傷つけてしまうという事に深いジレンマを感じているというところが発端のようだ。それは杞憂ではないか、と思う人も多いだろうが、彼は都度それを受け取ってしまう人間のようだ。 
そしてそれを歌詞に綴る時、彼はそこに自らの想い全てを吐き出していく。 
時に暴力的に、時に涙を流し、時に叫び声をあげるかのように。 
それらの強烈な感情は、聴くものの心に見事に引っかかっていくのだ。何故って全力だから。 
彼等はまだ若く、悲観や憎悪というけれどもその思いは常に全力で、誰の心にもその瞬間があった事を思い起こさせる。 
夢に突き進むことも、愛を貫く事も時に残酷で、その残酷さを知るからこそ、彼等の歌にもきっと共鳴する事が出来るだろう。


GOODS


クーちゃん貫通白パーカー

価格:6,000円(税抜)

 

初回予約していただいた方には順次、商品の受け渡しに関してのご連絡を行なっております。

 

また、ほんの少数ではありますが、在庫がございますので、定価の6000円で販売いたします。

ご連絡受け付けております。

 


その他のグッズはこちらです。

 

KOUDELKA Tシャツ

価格:2,000円(税込)

 

ステッカー

価格:100円(税込)

 

缶バッチ

価格:100円(税込)


LINEスタンプ


KOUDELKAのキャラクターでもあるクーちゃんをLINEスタンプにしました。

ネガティブな女の子のクーちゃんが、後ろ向きながらも生きる希望を与えてくれるかも。

ぜひお友達とのやり取りに使ってくださいね。